科学的根拠に基づいた
インプラント治療を

PLAY MOVIE
  1. ICOI(国際口腔インプラント学会)アメリカ本部理事に就任
  2. 南カリフォルニア大学客員臨床教授に任命
  3. 濱州医科大学煙台市口腔病院名誉教授に就任

インプラント治療の経験があります。

6台の治療台

手術室2室

歯科治療専用CT

消毒室・相談室・入院設備

理事長 鈴木 仙一
理事長プロフィールを見る

ライオンインプラントセンター(神奈川県海老名市)は、これまでのインプラント治療経験をもとに、より良い治療環境でインプラント治療に取り組むため、神奈川に開設いたしました。
当センター内には、6台の治療台・2つの手術室のほか、レントゲン(歯科治療専用CT)室や消毒室・相談室、さらには入院設備も備えております。インプラントに強い医師が在籍しており、痛みを和らげる治療もご相談いただけます。
当院は東京からもアクセスの良い神奈川県・海老名市で開業しておりますが、近隣の綾瀬市、厚木市の皆様はもちろん、横浜市、町田市、さらには茅ヶ崎、平塚、相模原からもご来院頂いている患者様もいらっしゃいます。遠方からお越しの方には入院設備のご案内もさせて頂いておりますので、当院にお気軽にお問い合わせ下さい。

インプラント治療無料相談会を開催中

活動報告

ICOIリサーチ部門 最優秀論文賞を受賞しました

インプラント治療を受ける医院選びのポイント

丁寧なカウンセリングを実施

患者様が納得されるご説明をいたします

治療を始める前に、治療法や治療期間、手術のリスク、成功率、不安・疑問点などを、じっくり納得のいくまで説明をしてくれたかどうかは大きな目安になります。

続きを見る

インプラント専用オペ室を完備

清潔な環境で手術を行う

カーテンやつい立で仕切っただけの環境で手術をする医院は避けましょう。細菌は空気からでも感染しますので、清潔な環境とはとてもいえません。専用の手術室がある医療施設がベストです。

続きを見る

CTスキャンを撮影

インプラント治療を安全に行うために必須です

CTを自院内に装備している歯科医院がよりベストです。東京近郊を除き各府県に2~3医院ぐらいが平均です。通常の歯の治療で撮影するパノラマレントゲン写真では顎の骨の断面はまったくわかりません。インプラントの手術を安全に行うには、骨の断面を見て神経の位置や骨量を確認することが必要です。そのため、立体的に撮影できるCTスキャンは絶対条件です。

続きを見る

>7つのポイントをすべて見る

インプラントの費用 メリット・デメリット

インプラントの費用
当ライオンインプラントセンターでは、インプラント料金は1本34万円から、オールオン4の場合はインプラント4本に白い歯12本で201万円からとなっています。
こちらはあくまで目安で、患者様の状態や症状によって変動する可能性があります。

インプラント料金が変動する理由
たとえば、歯周病などインプラントを埋める場所やその周囲などに問題がある場合。
長くインプラントを保たせるためにも、まずは歯周病の原因を取り除き、治療する必要があります。

そのため、このような症状の場合は、まずインプラント料金の前にそれらの治療代として別の費用がかかることをご理解ください。

もし仮にひどい歯周病を残したままインプラントを埋めようとしても、インプラント歯周炎となる可能性が考えられます。

ひとたびインプラント歯周炎にかかってしまうと、せっかく埋めたインプラントがグラつき、やがて抜け落ちてしまいます。結果、またインプラントを埋めなおす必要が出てきます。

歯周病等の治療は、当ライオンインプラントセンターと同じく鈴木仙一が理事を務める、ライオン歯科にてお受けいただけます。

ライオン歯科もライオンインプラントセンター同様、各線の海老名駅より徒歩にてご来院いただける立地です。相模原の他、大和市や座間市などからも通院しやすいため、多方面からの患者様にご相談いただいていますので、ぜひご利用ください。

また、歯周病等の他にも、あごの骨に別の処置が必要となる場合など、インプラント料金は変動するケースがいくつもあります。妊娠中であったり、場合によってはインプラント自体を受けていただけないこともあります。

インプラント料金表

インプラントのメリットとデメリット
インプラントは患者様の状態によって治療の可否にも条件があり、すべての方に適用できる治療ではありません。残念ながらこれがインプラントのデメリットであると言えます。
インプラントを埋める場所の骨が薄い場合は骨造成などで対応が可能ですが、既往症など別の問題がある場合は、難しくなることもあります。ただそういった方には、まず血液検査を行っていただき、治療の判断を行わせていただきます。
オールオン4など、手術したその日に通常の食事を楽しめたり、ご自身の歯のように硬いものも安心して食べられるのがインプラントのメリットです。
手術後、きちんと定期検診とメンテナンスを受けていただいた場合、10年以上の長期に渡って使い続けることも可能になります。

しかし、あごの骨に人工歯根を埋める必要がある以上、どうしても治療できるケースを制限せざるを得ません。
加えて、メンテナンスさえすれば長持ちする一方、間違ったお手入れではインプラント歯周炎などでダメになってしまいます。
あくまで人工的に、ご自身の歯と同様の機能を取り戻したに過ぎないことを忘れないでいただきたいのです。

自費での治療となるため材料などを制限されずに治療が行えます。ただ、良い素材を使うほどに治療費は高くなりがちです。
インプラント治療費のほとんどは使用する材料や薬剤の費用であり、そのため他院と金額が異なります。

医療費控除を申請すれば後々いくらかの補助を受けることができますが、先に一定額(10万円以上)の費用負担があることが条件です。
申請時期も決まっているため、インプラント治療を開始すると同時に補助金を受け取れるとは限りません。
そのため、やはり治療開始時の患者様の金銭的負担は大きくなってしまいます。

患者様としては、なるべく抑えた費用で治療を受けたいと思うでしょう。だからといって、あまりに安い治療は、後々トラブルが起きることもしばしばあり、どの歯科医院で治療を受けるべきか判断するのは難しいでしょう。
しかも、すべての歯科医院で受けられる治療ではなく、技術や設備を持っている歯科医はまだまだ少ないのが現状です。
患者様ご自身の目と耳で、金額的にも技術や対応的にも信頼できる医院を探していただかなくてはなりません。

インプラント治療Q&A

心から安心してインプラントを受けていただくために
インプラントは天然歯のような歯を得られる反面、デメリットと向き合わなくてはならないリスクもあります。
いざという時にきちんとご相談できるような歯科医院をお選びになることが、何より重要な対策です。

各国にインプラント治療の技術を持つ医師を輩出する、米国の南カリフォルニア大学歯学部では、2011年より客員臨床教授を任されていました。

インプラントは術後の定期健診を含め、長く当院と患者様がお付き合いする治療方法です。
そのため、患者様からの信頼が何よりも大事だと考えます。
インプラント治療を迷っている方も、どんなに小さなことでもお気軽にご質問、ご相談ください。
過去に当院で手術を受けられた方も、いつでも健診にてお悩みをお話しにいらしてください。

ライオンインプラントセンターは、日々技術や知識の研鑽を積み、いつでも変わらぬ真摯な対応でお迎えいたします。

お知らせ

    
2018/07/24
活動報告を更新しました

ライオンインプラントセンターによるインプラント治療

ライオンインプラントセンターでは、治療費にスルガ銀行のローン「リザーブドプランプラス」がご利用頂けます。>> スルガ銀行

ライオンインプラントセンター 046-232-8811

ライオン銀座インプラントセンター

インプラントがよくわかるパンフレット無料進呈中

ページの先頭へ
^