当院のインプラント
インプラントとブリッジ(従来の補綴歯科治療)の違い
これまでの歯科治療とインプラントの違い

今までは無くなってしまった歯の治療は「ブリッジ」という技法でまわりの健康な歯を削ってしまう治療や 入れ歯(義歯)での補足が主流でした。 しかしインプラント治療では健康な歯を痛めることなく人工の歯根を埋め込みその上に人口の歯を作る為、まわりの健康な歯を傷つけたり噛み合わせの力を損なうことなく、メンテナンスが行き届けば長く保つこともできる置換治療といえます。

歯が何らかの理由により抜けてしまうと、まわりの健康な歯にも大きな影響を及ぼします。それを補うために両隣の歯を削ってブリッジを作る為、その代償としてエナメル質、ならびに一部象牙質が削られてしまうためにダメージを受けるのです。

ライオンインプラントセンター 046-232-8811

ライオン銀座インプラントセンター

インプラントがよくわかるパンフレット無料進呈中

ページの先頭へ
^