当院のインプラント
すべての歯を失った方、総入れ歯でお困りの方へ負担を抑えたインプラント治療「オールオン4」
すべての歯を失った方、総入れ歯でお困りの方へ負担を抑えたインプラント治療「オールオン4」

インプラント治療は、埋入するインプラントの本数が多くなるほど、費用や身体の負担が大きくなってしまいます。そのため、ほとんどの歯を失った方のインプラント治療は、負担が大きくなりやすく、治療に踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

しかし、オールオン4という術式によって、埋入するインプラントを減らして、費用や身体の負担を抑えて治療を受けていただけるようになりました。
従来の術式では、8本以上のインプラントを埋入しなければならなかったケースでも、4~6本のインプラント埋入で、片顎すべての歯が取り戻すことが可能です。

オールオン4はこのような方におすすめしています 歯がほとんどない総入れ歯が合わなくて困っているインプラントの費用が心配」
オールオン4はこのような方におすすめしています 歯がほとんどない総入れ歯が合わなくて困っているインプラントの費用が心配」

オールオン4とは

オールオン4

最小4本のインプラントで12本の連結した歯を、手術当日に装着可能な治療方法です。奥歯(臼歯部)に傾斜をつけてインプラント埋入し、少ないインプラントで多くの歯を固定します。
総入れ歯をお使いで、骨吸収が進んでいる方の場合、骨を増やす治療(骨造成)が必要となりますが、骨量の多い場所を選んでインプラントを埋入するため、骨造成を行わずに済むケースも多いです。

当院では、歯が全くなくインプラント治療を断念している方に、オールオン4による治療をおすすめしています。
医療広告ガイドラインにより、サイト上で症例写真をご紹介することはできませんが、当院へご相談いただけましたら、実際の症例画像を用いて治療によってどのような歯が入るのか、ご説明いたします。ぜひお気軽にご相談ください。

オールオン4のメリット・デメリット

歯をさわり安心している女性

すべての歯を失った場合の治療法には、インプラント(オールオン4)と総入れ歯があります。入れ歯をお使いの患者様には、「入れ歯が噛めない」「噛むと痛い」「すぐに外れる」といった悩みをお持ちの方が多いですが、オールオン4ではそのようなことはありません。

埋入本数が少ないので、費用も体の負担も抑えられるという点は大きなメリットと言えるでしょう。また、歯が入るまでの期間を心配される患者様も多いのですが、インプラント埋入手術の当日に仮歯が入るため、「歯がなくて困る」「噛めなくて食べられない」ということはありません。

総入れ歯との比較

オールオン4 総入れ歯
メリット 総入れ歯に比べ、咀嚼能力が高い
固定式なのでズレたり外れたりしない
骨がやせるのを防げる
手術当日に歯(仮歯)が入る
保険治療なので費用を抑えられる
手術が必要にならない
ほとんどの人が適応となる
修理や調整が行いやすい
デメリット 保険が適用とならない
(入れ歯に比べ費用が高い)
手術が必要になる
術後のメンテナンスが必要
オールオン4に比べ咀嚼力が劣る
違和感が生じやすい
骨の吸収が進みやすい
外れることがある
時間がたつと合わなくなり調整が必要

オールオン4による治療の流れ

初診カウンセリング

お困りのことや治療への希望など、どのようなことでもご相談ください。可能な治療や大まかな費用、治療期間などを詳しくご説明します。

診査・診断

CT撮影などの検査を行い、治療方針を決定します。お口の中の現状や治療計画、費用、ご注意いただきたいことなど、説明し治療について相談しながら具体的に決めていきます。

手術

インプラントを埋入し、仮歯を装着します。全身管理を担当する医師が立ち合い、全身状態を把握して治療を進めていきます。

最終的な人工歯の装着

仮歯をお使いいただきながら、噛み合わせ等確認し、最終的に審美性・機能性を考慮した、最終的な人工歯を作製します。手術から最終的な補綴物装着までの期間は、3~4週間程度と言えるでしょう。

メンテナンス

治療が完了しましたら、定期的にメンテナンスでお越しください。お口の中の状態をチェックし、噛み合わせ調整、クリーニングなどを行います。
長期的にインプラントを機能させるためには、定期的なメンテナンスを継続的に行うことが大切です。

ライオンインプラントセンター 046-232-8811

ライオン銀座インプラントセンター

インプラントがよくわかるパンフレット無料進呈中

ページの先頭へ
^