インプラントの基礎知識
インプラント治療を受ける医院選びのポイント

術前指導をしっかりと行う
インプラントの治療を行う前に、準備治療を行う必要があります。

虫歯や歯周病の原因には細菌が関係しています。細菌はインプラントに悪影響を及ぼすので口中を清潔に保つことやその指導は非常に大切なことです。

まずはじめに虫歯・歯周病をきれいに治療

感染源となる細菌(虫歯、歯周病など)をインプラント治療の前に除去します。歯周病(歯槽膿漏)は歯槽骨(歯肉の内部にある骨・歯根を支える部分)が破壊される病気です。歯周病の治療をしないままインプラント治療を行うと、インプラントを埋入した周囲の骨が歯周病にかかる可能性があります。インプラントの周辺組織が歯周病にかかると、天然の歯が抜けるのと同様に脱落してしまいます。

インプラント治療の前にかみあわせチェック

インプラントのトラブルは、感染よりも、よくないかみあわせによって異常な力がかかることで起こる場合が多いです。
特に歯ぎしりや食いしばりによってインプラントに問題を起こす場合がありますので、インプラントの治療を行う前にかみあわせのチェックを行うことが非常に重要です。

ライオンインプラントセンター 046-232-8811

インプラントがよくわかるパンフレット無料進呈中

ページの先頭へ