インプラントの基礎知識
インプラント治療を受ける医院選びのポイント

CTスキャンを撮影
インプラント治療を安全に行うために必須です

インプラント治療を行う前の検査として、一般的にはレントゲン撮影による術前診査が行われます。レントゲン像は全顎的な審査を行うためにはとても有効ですがインプラント治療の術前検査としては完璧なものではありません。例えば、インプラント手術において危険領域となる神経管や血管の位置や骨幅、骨質などを正確に診査・診断するためにはCTによる精密検査は欠かすことはできません。

コンピュータとの連携でデータを解析し画像処理し、顎部の 3次元の画像化が可能となったことで、あごの内部構造(骨の高さ・厚みや神経管の位置)や埋伏歯と周囲の歯や神経管との立体的位置関係を容易に確認することができます。
CTスキャナを使用することにより、骨の少ないケースにもインプラント手術が行えるようになります。
一般的な医療向けCTスキャナーでは、歯科医院で撮影するパノラマ写真の10倍以上の放射線を照射するといわれますが、この歯科用CTはパノラマ写真の数枚程度の放射線量です。
患者様への負担が軽減された検査器機であるといえます。

ライオンインプラントセンター 046-232-8811

インプラントがよくわかるパンフレット無料進呈中

ページの先頭へ