インプラントの基礎知識
インプラント治療

インプラント(人工歯根)による治療

歯は、目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っています。歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。
歯を1本失った場合、インプラントでの治療を行わない対処として、両隣の健康な歯を削って人工の歯をかぶせます。
これが、ブリッジと呼ばれる治療法です。奥に歯ガない場合、金属製のバネで入れ歯を支えます。

 噛むという行為は、想像以上に強い力を、歯とあごにかけています(奥歯1本にかかる荷重は、その人の体重にほぼ等しいと言われています)。ブリッジでは、1本あたりにかかる荷重は約1.5倍になります。削られた歯は痛みやすく、この歯がだめになってしまうと、さらに広い範囲のブリッジに作り直さなければなりません。
歯根がない部分の骨は、噛むことによって得られる刺激がないために次第に痩せていきます。また、残っている歯根が移動してしまうため、ぴったり合わせて作った義歯は次第に合わなくなるというトラブルが発生し、何度も作り直す必要が出てきます。

 失われた歯根の部分にチタン製の歯根を埋め込んで義歯の支えとするのが、今日行われているインプラント(人工義歯)療法です。この治療方法では、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、インプラントを通して力をかけることができますので、骨の変形も少なくなることが知られています。

 現在では、インプラント治療の技術も進歩し、歯科治療では歯の欠損における有効で自然な治療法として確立されております。
具体的な症例はこちらでご確認できます。
また当院は専任の担当麻酔医によるインプラントの無痛治療も多く実績があり、患者様より感謝の声を頂いております。

インプラント治療と従来の治療

従来の治療法の場合

インプラント治療の場合

インプラントの治療の流れと治療期間について

インプラントは外科手術に分類される治療であるため、即日はじめることはできません。以下にご紹介するような手順を踏み、安全を第一に考えながら治療を進めていきます。

カウンセリング

カウンセリング

まず、カウンセリングにてインプラント治療についての正しい情報を知っていただきます。

どのような治療法で、どのような手術内容となるのか、多くの方は漠然としたイメージしか持っていません。そのため、当ライオンインプラントセンターのカウンセリングでは、患者様個人の状態に関する説明はもちろん、一般的な手術の成功率や考え得るデメリットなども包み隠さずお伝えします。

患者様ご自身もしっかりと説明をかみ砕き、少しでも疑問が生まれた際には必ずご質問ください。小さな疑問が大きな不安を生み、手術に挑む体を硬くしてしまっては、トラブルにつながってしまうこともあります。

カウンセリング時間は患者様によって異なりますが、目安として1時間前後をお考えください。もちろん、疑問点が多い場合はそれ以上のお時間がかかる場合もあります。

インプラントについて十分な知識を得ていただいき、改めて手術に挑む意思がかたまった後、治療のための術前検査に入ります。

術前検査

術前検査

インプラントは顎の骨に埋め込むため、神経や血管を傷つけるリスクと向き合わなくてはなりません。どんなに経験を積んだ歯科医であっても、検査なしで行えば、神経や血管に思わぬ損傷を与えてしまうでしょう。

そのため、すべての患者様に術前検査を受けていただきます。患者様それぞれで神経や血管の場所、骨の厚さはミリ単位で異なっているためです。

患者様におかれましては一刻も早いインプラント手術をご希望でしょうが、安全性を重視し、何とぞ検査へのご協力をお願いします。

術前検査で活躍するのは、何をおいてもCTスキャンです。歯科用の最新式を導入しているため、細部まできれいに撮影が可能です。ただ、細部まできれいに確認できる分、被曝量を心配される方も多いのですが、歯科用のCTスキャンは医科用に比べ、被曝量は10分の1とも言われています。大変安全性の高い装置なので、安心して検査を受けていただけます。

また、他にも噛み合わせのチェックなど、インプラントをより長く快適にお使いいただくための診察も行います。

治療計画

治療計画

検査結果をもとに、治療計画を立てていきます。この際も担当医がご説明しますので、インプラントに対する疑問点や不安点はすべてお話しください。外科手術ですので、ひとつひとつ不安をきちんと取り除いてから挑みましょう。

残念ながら、検査の結果インプラントをすぐに埋め込むことができない場合もあります。たとえばインプラントを埋め込みたい場所が歯周病となっているケースや、全身性の病気(糖尿病など)の状態が良くないケースです。

この場合は懸念となる病気の治療や症状の改善からはじめなくてはなりません。

当ライオンインプラントセンターは、別棟にて虫歯や歯周病の治療を行っております。歯周病など口内トラブルを一貫して頼っていただける環境となっているため、治療が必要の際はぜひご活用ください。互いに徒歩圏内となっており、同系列の医院であることから、患者様に関する情報の共有により治療もスムーズです。

インプラントの弊害となる病気の治療が終わった後は、改めてインプラントの治療計画を立てます。

インプラント治療の流れについて詳しくはこちら

インプラントの手術(一次手術)

インプラントの手術(一次手術)

治療計画にもとづき、いよいよインプラントの手術を行います。当日はできるかぎりリラックスした状態でお越しください。

インプラントは一次手術と二次手術の合計2回行います。一時手術では顎の骨にインプラントを埋め込む段階まで進めます。歯ぐきを切開し、骨にインプラントを埋め込んでいくのですが、所要時間は本数によって左右されます。一般的に1時間~3時間程度とお考え下さい。

一次手術を終えてから3~6か月ほどの治療期間をおき、埋め込んだインプラントと骨の結合が確認されてから二次手術へ入ります。

この間、ご希望であれば仮歯を取り付けられるケースもあります。一度ご相談ください。

インプラントの手術(二次手術)

インプラントの手術(二次手術)

二次手術は、インプラントと人工の歯を接続させるアバットメントの取り付けが目的です。これは歯の土台部分にあたり、人工の歯を外すと歯ぐきに植わって見える部分です。

骨を削ることはしませんが、ふさがった歯ぐきを切り開き、インプラントの頭を出す必要があります。そのため、手術後は1~6週間ほど再び治療期間を挟みます。

歯ぐきの傷が癒えた後に、今度は型を取り、患者様に合った人工の歯を作ります。術前の検査も参考に、噛み合わせも考慮して最適なものを作成します。

できあがった人工の歯を装着する際は歯ぐきの切開もないため、三度目の手術は行いません。スクリューで上からしっかりと留めたり、場合によってはセメントを用いて固定します。

インプラントの手術(即時荷重)

インプラントの手術(即時荷重)

即時荷重インプラントの場合は、患者様の症状にもよりますが手術直後に義歯の装着が可能です。

仮歯まで取り付けた後、1~3か月程度様子を見ます。この段階ですでに歯が入っているため、噛むということが可能になり術後でも不便さを感じにくい方法と言えます。

ただし、最終的な治療終了期間までを見れば、他の治療法とさほど大きく変わりません。

インプラント治療の完了と治療期間の目安

インプラント治療の完了と治療期間の目安

インプラント治療は、このように数か月かけて行われます。

歯ぐきの治癒やインプラントと骨の結合を確認するため、早くても治療期間は全行程を終えるまで数か月、手術内容や術式方法によっては半年以上かかります。

手術前の骨の状況なども関係しますので、患者様それぞれの厳密な治療期間につきましては、カウンセリングや治療計画のご説明の際にお伝えします。

インプラントのメリットとデメリット

インプラントのメリットは、何と言っても自分の歯のようにしっかりと噛むことができる点です。入れ歯の場合は固形物が噛みにくかったり、熱いものを気軽に口にすることができない人も多いのですが、インプラントではそのような心配はありません。

自分の歯のように使うことができる上、インプラントは1本1本独立して埋め込みます(オールオン4を除く)。そのため、ブリッジのように隣接する健康な歯を削って土台にするような、別の歯への負担を心配せずに済むのです。

長く健康的な食生活を送りたいのであれば、噛む力や使い心地、他の歯への負担の有無も考えて、治療法をお選びいただければと思います。

一方、デメリットもないわけではありません。あくまでインプラントは自前の歯の代わりです。虫歯になることはありませんが、周囲の歯ぐきまで健康を維持できるとは限らないのです。

きちんとしたケア、そして定期健診によるメンテナンスが必要です。インプラントさえ埋めれば安心とは思わず、きちんとこれまで以上にブラッシングやケアを行える方でなければ、質の良いインプラントでも長持ちさせることは困難です。

ライオンインプラントセンター 046-232-8811

インプラントがよくわかるパンフレット無料進呈中

ページの先頭へ